ARAYA federalのクランク交換をしてみた

 お久しぶりのブログ更新です. 愛車のアラヤフェデラルをいじったので記事を書いていこうと思う. 今回は,クランク,チェーン,リアディレーラーの交換を行った. まずはクランク. はじめからついてくるクランクはサンツアーの48-38-28のトリプルのものであり,BB抜きで1 kgを超える. 輪行の際にぶつけて歪んだり,荷物を積んで坂道を高トルクで登ることを繰り返していたため消耗が非常に激しかった. 今回はシマノのRX100のクランクを友人からもらったのでこれに交換した. 53-39と大きいが,600 g台で5本アームということで躊躇なく作業を始めた. アーレンキーとコッタレス抜きでらくらくと外し,交換. トリプル用のBBなので軸が少し長く,チェーンラインが少し心配だったが,アウターローやインナートップを使わなければいいのであまり問題ではない. ここで一つ困ったことが発生. フロントディレラーが3速用である上に,マックス48Tである為,非常にフロント変速レスポンスが悪い. Wレバーは手加減で何とかなると思われがちだが,一度やってみると分かるがめちゃめちゃイライラする. いつか変えなきゃなと思いつつ何もしない. 続いてRDの交換. 完成車にはめちゃくちゃチープなアルタスのものがついていたが,見た目が気に入らないのとガタが出てきたのでロード系のクラリスのSSのRDに交換. 現在11-30Tの8速のスプロケットがついているが脚力的に30Tもいらな…

続きを読む

道の駅泊のすゝめ

今回は,みんな気になるけど気になる道の駅泊について解説していこうと思う. まず道の駅とは,『日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、商業施設・休憩施設・地域振興施設等が一体となった道路施設である』とWikipediaにあるように,特産物の販売や観光案内などを行うローカルな施設のことである. なぜ,道の駅に泊まるのかというと, まず,営業時間内なら食品が買えることや時間外でも自販機などがあるということ. 次に,これから走る道についての情報等や観光地の情報が入手できる. 更に,トイレや水場が24時間使える. 極めつけは,無料で泊まれる(といっても詳しくはこれから説明する) といった素晴らしい点がたくさん存在するが泊まるにあたっても僕なりのルールを解説していきたい. ・ルールその一 まず,道の駅泊をするうえでの山の中や海沿いなどのあまり栄えていないところを選ぶ. 閉館後もたくさん人が出入りしたり,車が通るような街中の道の駅は騒音や明かりによる睡眠妨害,通行人に通報されたりなどのことが起きかねないので,ぽつんと一軒道の駅みたいな場所を選ぶといい.街中の道の駅に比べ許可が取りやすく,快適に泊まることができる. 道の駅 吉野ヶ里 道の駅 阿久根から望む海 ・ルールその二 営業時間内(午前10時~午後6時)に道の駅の方に必ず「自転車で旅をしているものなのですが,今夜一泊敷地内にテントを張ってもい…

続きを読む

ARAYA FEDERAL インプレッション

2018年12月にアラヤ フェデラルを納車してかれこれ9か月が経った. 大体4000 kmくらい走ったので,フェデラルの購入を考えている方やランドナーというジャンルに興味のある方向けにインプレしていこうと思う. まず,僕の自転車を友人たちに乗ってもらった時の第一声が「やわらかい」 本当に柔らかい. 友人のCAAD12やRIDE200などのアルミロードと比べると非常にマイルド. 通常のクロモリロードよりも厚めのパイプでできているにもかかわらず非常によくしなる. ママチャリのタイヤということもあり,マウンテンバイクのような乗り心地. よくしなるが為に力をかけて踏んでも吸収されるといった感じで,アウタートップで回しても43km/hが限界だった. というわけで,速さを求める人にはこの自転車はおすすめできません. キャリアとパニアをつけると,少し乗り味が固くなる印象があるので, 荷物を積んで坂をのぼるときは重めのギアで踏む感じで, 逆に軽装の場合は,軽めのギアでクルクル回してのぼるのがおすすめです. (F28-R30と1をきるギア比が存在する) 先ほど述べたように,厚めのパイプでできているので荷物を思いっきり積んでもびくともしない. アルミの自転車にキャリアつけて,パニアつけている人をたまに見かけるが, 僕ならフレームの断裂とか怖くてそんなことできない. タイヤ幅が35~38 mmと太めなので,荷物を載せた状態でゆっくり走ってもバランスを崩すことが…

続きを読む